読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はここから観させてもらいます。

フットボールと本が大好物です。

バルセロナ旅行記#4:リゾート地・シッチェスまで。

2017年2月、初めてのバルセロナ旅行。

今回の旅の目的はメインはカンプノウスタジアムツアーだったんですが、もう一つ、避暑地「シッチェス」まで遠征することでした。タラゴナと迷ったのですが今回はバルセロナから近い方のシッチェスへ。

ということで2日目にバルセロナからシッチェスへ出発です。

シッチェスを選んだ理由は実写版の「ジョジョ」の撮影地だったこともあります。

 

交通手段

シッチェスに向かうには近郊線RENFE(レンフェ)を利用します。サンツ駅から出ているのでまずはメトロでサンツ駅まで。中心地からだと3号線か5号線ですぐです。

メトロを降りたら一旦地上に出てサンツ駅まで歩きます。

 

切符を買う

前日に購入した「T-10」はRENFEでは使用できないので切符を購入します。

案内版は行き先がアルファベット順で表示してありました。

 

サンツ→シッチェス 片道4.1ユーロ 

 

自販機の前に係員がいるので行き先を伝えると買い方を教えてくれるので安心でした。

クレジットカードも使えますよ。

一応スペイン語を少しでも話せる旅にしようと思っていたので簡単なスペイン語

チャレンジしてます。

「何番線?」と聞くとチケットに「9/10」「vilanova」と書いてくれ「via nueve,diez」

と「9番、10番」のホームに行くよう教えてくれました。「vilanova」は電車の行き先でした。

 

シッチェスへ

サンツ駅からは約30分です。車内は1階、2階に分かれてますがどこに座っても良いみたいです。進行方向に対して左側が地中海なので左側に座った方が景色が良いです。

この移動の30分の間に今回の旅行記をまとめてたりしました。小さいノートとペンを持って行き気づいたこととかその時の想いカンタンに記しておくと楽しいでオススメです。限られた時間でいろんなところを見たくなりますがゆっくりできる時間は必要だなと感じました。

そしてシッチェスに到着!

 

ここからは海に向って歩いて行きます。観光客っぽい人達がチラホラいるのでなんとなくついて行きましたが方向だけは確認しましょう。

街並みを抜けると地中海です。思う存分地中海を満喫してください。

海沿いを少し散策してから街並みを楽しみました。

どんな風に写真を撮ろうが全てが絵になるような街並みです。

 完成された風景をただ写真に収めただけになってました。

少しばかり写真を。

 

 

初めてのBar

結構な時間、街ブラしてお腹が空いたのでこの旅初めてのバルに突入します。

バルセロナ中心地とかだとバルとかも混んでるし、なかなかお店に入る根性がなかったのですがシッチェスは人も少ないしで勢いつけて入ってみました。

1軒目

ビール(ハイネケン)1杯とピンチョス2品で7ユーロ

日本から温めてきたフレーズ「una cerveza,por favor」を自信満々に言えました。

 

そして2軒目

ビール1杯、ピンチョス4品で8.5ユーロ

店員はレアル・ソシエダのサポーターでした。

 

2軒目の方が地元客で賑わい、料理の種類も多く、味も抜群に美味かったです。

初めてのバルでしたが値段はそんなに高くないなと思いました。いかにも地元っぽい感じのお店だからかも。

お店には「Hola!」と言って入りましょう。基本セルフなのでお皿を取って好きなピンチョスをお皿に乗せていきます。席に着いたらビールを頼んで後は食すだけです。

会計は最後にします。

 

 ダメ、ゼッタイ。

昼の14時くらいだったのでそんなに満席ではなかったですが、一度、離れたところにあるピンチョスを取りに行った時にテーブルにスマホを置いたまま行ったのはダメでした。こういう時に盗難に合うのだと反省しました。

 

十分に楽しんだのでバルセロナへ帰ります。

シッチェス駅の券売機はクレジット用と現金用に分かれています。

駅に入って左手の壁側がクレジット用、入ってすぐの真ん中にあるのが現金用です。

ここでも係員がいるので聞けば教えてくれます。

 

バルセロナを朝に出て綺麗な街並みを堪能、リゾート地のバルで昼からビアー。

昼過ぎにバルセロナに戻っても十分観光できます。

電車で往復1時間(しかも交通費往復約1000円)の小旅行ですが、本当に行って良かったです。

有名な観光地を巡るのもいいですがシッチェスはオススメです。

 

Hasta luego!